大雨被害のため延期になっていた「子どもまつりinおだか」を「おだかぷらっとほーむ」,「なごみ」と連携して実施しました。
今年も浪江駅から小高駅まで,電車で移動しました。内容は,「大蛇物語」などの紙芝居,大蛇巻き(4m近い長さののりまき)づくり,「かぼちゃまんじゅう」づくり,輪投げ,射的,スーパーボールすくい,水ヨーヨー,各種くじなどの子ども屋台でした。子どもだけでなく大人も十分楽しみました。

参加の記念に,「おだかぷらっとほーむ」から子どもにプレゼントがあり,子ども屋台の景品もあったので,大喜び。今回は,小高小の子ども4名,原町三小の子ども1名も参加しました。「子どもまつり」の大きな目的の一つに,「他地域の子どもとの交流」があります。2月に実施予定の「子どもまつりinなみえ」にも来てくれますように。

なお,3学期には,「かぼちゃまんじゅう」を作って下さった石井さんをお招きして,G&B会員と一緒に,みんなでもう一度かぼちゃまんじゅうなどを作ってみようと思っています。お楽しみに。

 

 

開催日時

令和元年12月7日(土)

場所

おだかぷらっとほーむ(小高工房:南相馬市小高区)

参加者数

22名 浪江町関係分内訳…G&B会員4名,創成小・中・子ども園の子ども11名,保護者等7名